ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・テクノロジー

リメイクサービス

概要

仕様確認、部品選定から、ハードウェアの設計/開発および、ソフトウェアの移植開発までのリメイクサービスです。

リメイクサービスの取り組み内容

@設計内容のホワイトボックス化
開発当時の設計者不在等により、設計内容がブラックボックスになっている場合に当社が仕様をホワイトボックス化することで、お客さまの継続生産にあたっての設計資産の管理・保守に貢献いたします。

  • リメイク前基板のドキュメント書き起こし
    リメイク前基板を確認して仕様書を作成します。
  • 「要件定義書」「新旧比較表」の作成
    変更仕様の明確化の為、「要件定義書」「新旧比較表」を作成します。

Aハードウェア設計者・ソフトウェア設計者の協調によるワンストップ対応
お客さまが実施していたハードウェア、ソフトウェア間の仕様の整合性確認等の工数を低減し、お客さまのご要望に沿った組込基板のリメイク開発をご提供します。

リメイクサービスの対象

(1)代替部品を利用したハードウェア開発

  1. 変更検討作業
  2. 新基板開発
  3. システム評価・性能評価

(2)変更するハードウェアへのソフトウェア移植

  1. ドライバソフトの移植
  2. アプリケーションソフトの移植
  3. OSの移植
  4. ミドルウェアの移植
  5. 開発環境の移植

リメイクサービスの流れ

部品選定、仕様確認から、ハードウェアの設計/開発および、ソフトウェアの移植開発までワンストップでご提供いたします。

Remake Flow

リメイク開発に必要なハードウェア技術

(1)マイコンボード開発技術

各社CPUを使用した基板の開発実績による
最適なCPUや変更部品の選定。および周辺回路の提案。

(2)変更検討にあたっての技術的検証

ディレーティングや電源負荷変動等の事前検証による変更提案。

(3)量産化技術

コストや長期保証、要求品質、構造を考慮した部品選定。

(4)FPGA設計技術

最適な部品が存在しない場合に、FPGAでの機能実現を提案。

リメイク開発に必要なソフトウェア技術

(1)統合開発環境の移行

「makefile」「Cソースコード」を自動変換するツールの利用

  1. makefile変換
    a)コンパイラ、リンカの置換
    b)専用ライブラリの置換
  2. Cソースコード変換
    a)拡張命令の抽出
    b)拡張命令の置換

(2)各種言語への対応

アセンブラ記述の旧製品ソフトウェアを新マイコンにあわせたアセンブラ記述、C言語へ変更することも可能です。

(3)OSの置換え

各種OS(ITRON、T-Kernel、Linux)の開発技術を保有

  • REL製μITRONのT-Kernelへの置換え
  • OSレスシステムのμITRON化等をご提案
  • 他OSへの置換え等

リメイク開発での品質確保

(1)システムでの評価

項目検討、評価環境構築(ツール作成含む)を含むシステム動作に応じた評価

(2)性能の検証

ご要求の信頼性条件を満足する設計内容および測定機による性能検証

(3)開発プロセスでの品質確保対応

当社の開発プロセス、もしくはお客さまの開発プロセスに応じた開発により、第三者の監視を行うことで設計品質を確保

リメイクサービスメニュー

サービスメニュー 設計概要
仕様明確化作業 旧基板に対する変更対象の仕様明確化
ハードウェア置き換え作業 部品変更検討 CPU、ロジック、FPGA(論理開発含む)置き換え検討
新基板開発 仕様書作成、追加仕様検討、構成検討、回路設計、
基板設計(シミュレーション含む)、試作製造、機能検証
基板評価 CPU・ソフト置き換えを含めたシステム評価および信頼性などの性能検証
ソフトウェア置き換え作業 ドライバソフト移植 変更基板に対応したAPI(*1)互換ドライバ開発
アプリソフト移植 システム仕様を考慮し、アプリケーション機能を維持した移植・評価
OS移植 システムおよび変更後のハードウェアに合わせた最適なOSのポーティング
開発環境の移行 ハードウェア変更内容に合わせた開発環境の移行
*1
Application Programming Interface

リメイク開発の実績

(1)実績一覧

システム製品を開発してきた経験を基に、お客さまがお困りの基板リメイクを担当。部品の置換えによるCPU基板の開発の他、FPGAの置換え、ソフトウェアの開発実績があります。また、鉄道分野向けに各種基板のリメイク設計を数十件経験。当社の取り組みをご評価いただき、10年以上の継続的なご依頼をいただいています。

No. 分野別 ボード種別 リメイク開発概要 基板設計評価 FPGA設計 ソフトウェア開発
1 鉄道 CPU基板 CPU置換、低電力化
(部品変更)
2 FPGA搭載基板 FPGA置換、
電源回路の見直し
3 デジタル入出力基板 デジタル信号数変更、
フォトカプラ部品変更
4 アナログ入出力基板 電圧・電流回路変更、
アナログ部品→置換
5 産業 CPU基板 メモリ、コンデンサ、抵抗、水晶振動子などの部品変更
6 CPU基板 7SEGデコーダ、コンデンサ、抵抗、水晶振動子などの部品変更
7 CPU基板 CPUの置換
8 CPU基板 SRAM、コンデンサ、ロジックIC、水晶振動子などの部品変更
9 画像処理基板 グラフィックLSIの変更
10 CPU基板 CPU、FPGA、コネクタ他の部品変更 顧客対応
11 CPU基板 外付けEthernetコントローラのEOLにより、EtherMACのFPGA移植

(2)開発実績詳細

@CPU、PLDを置換えたリメイク開発

■概要

EOLになったCPU、CPLDを新しい部品に置き換え、基板、ソフトウェアをリメイク開発

■変更内容

変更内容 (1)CPUの置換え
・SH7145をRX72Nに変更、ソフトウェア移植
(2)CPLDの置き換え
・MAX2をMAX10に変更、論理移植
(3)その他
・SLICやDCDCなど45種類の部品変更
・顧客要望をヒアリングし、機能改善や拡張機能に対応
・基板試作および筐体設計・試作は顧客対応
顧客支給 変更前回路図、基板CADデータ、納入仕様書

■開発期間

AFPGA利用したリメイク開発

■概要

EthernetコントローラのEOLにより、
FPGAへの論理移植、新規基板開発を実施。

■変更内容

変更内容 (1)FPGAへの論理移植
 ・外付けEthernetコントローラのIPをFPGAに移植
 ・CPLDの論理をFPGAに移植
(2)その他EOL部品の置き換え
 ダイオード、LED、EEPROM他
(3)ソフトウェア変更
 ハードウェアの変更に伴う修正
顧客支給 変更前回路図、基板CADデータ、ガーバデータ
OS、ファイルシステム、
FPGA論理、エミュレータ

■開発期間

商標注記

  • Ethernetは、富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社の登録商標です。
  • Linux は、LinusTorvalds氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • TRON は、The Real-time Operating system Nucleus の略称です。
  • μITRONは、Micro Industrial TRON の略称です。
  • T-Kernelは、コンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品を指すものではありません。
  • その他の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

お問い合わせ

本件に関する詳細について、フォームからお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォーム