ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・テクノロジー

製造履歴管理システム「とれさび丸」

製造履歴管理システム「とれさび丸」

製造履歴管理システム「とれさび丸」

「とれさび丸」は、部品加工・組立ラインのトレーサビリティ向上を安価で実現します。

このようなことでお困りではないですか?

製造履歴管理上の課題

*1
5W1H:製造履歴として、いつ(作業開始/終了日時)、どこで(工程)、だれが(作業者or 設備号機)、なにを(品種、ロット、ワーク)、どのように(加工条件と加工実績やどの部材)作ったか。また、不良品では、なぜ(何が原因で)不良になったかの情報を示します。

「とれさび丸」が解決します!

製造履歴管理システムは製造関連情報に5W1Hを紐付け、トレーサビリティを向上

製造履歴管理上の課題

導入効果事例

導入効果事例
No. 課題管理 導入前 導入後
1 5W1Hを整理、管理していないためすぐに探せない
  • 調査・資料作成: 数日
  • 調査内容の信頼度: 粗くて低い
数時間(翌日回答)
精緻で高い
  • 対象製品不明
    → 作業時期で判断
  • 疑わしい製品を全て調査
    → 回収/交換対策コスト膨大
対象製品特定
対策コスト1/10
2 場内不良が発生しても、どのロットを流動停止させれば良いか分からない
  • 上記入力作業の結果にて把握
  • 早くて翌日に把握(最新の確認困難)
リアルタイム
3 品質記録が時系列に整理されていないため、不良発生傾向が掴めない
  • 人手記帳記録を回収、Excelに再入力
  • 約1名/日専任体制(転記ミス多)
不要
(転記無し)
お客さま各社のご利用状況下における固有の効果です。本サービスの導入期待効果をお約束するものではありません。

機能一覧

機能一覧
No. 機能 内容
1 5W1Hデータ管理 製造履歴として必要な5W1Hの情報をデータベースで統合管理します
2 工程実績入力

作業対象に対して、作業者、工程、装置、開始/終了日時、組立作業に使用した部材情報、加工条件などを入力できます。入力のほかに、下記のチェック機能を備えています。


  • 工程飛びチェック
    指定された工程手順で実績の入力をチェックすることで、作業漏れ(工程飛び)を抑止
  • 部材誤搭載チェック
    使用部材の入力時に部材コードをチェックすることで異なる部材情報の入力を抑止
3 工程履歴検索 特定の作業指示に対しての作業履歴を表示します
4 工程進捗検索 各作業指示に対してどこまで作業が進んでいるかを表示します
5 加工値データ検索 指定した期間、品種、工程の加工条件/実績を時系列に表示します
6 トレース情報検索

トレース情報検索は2種類の検索が行えます


  • 製品、中間製品がどの部材を使って作業されているかを表示
  • 指定した部材が使用されている製品、中間製品を表示

導入までの流れ

導入までの流れ(例)を示します

とれさび丸の導入までの流れ

@現状調査:
設備連携が行える場合、PLCのメモリ内容などを現場で調査します。

A適用方法検討・提案:
現状調査の結果を踏まえてシステム適用の検討を実施し、ご提案します。

B機器準備、キッティング:
機器準備とデーターベースやソフトウェアのキッティングを行います。

C設置調整:
マスタ情報を登録した状態で機器を含めシステムをお納めします。併せて開梱、設置、動作確認を行います。

D操作説明:
代表の方に操作方法を説明します。

E運用開始立会い:
お客様のタイミングで運用または試行運用を開始しますが、開始初日は弊社も立会います。

1:エントリモデルは、C完了で検収となります。ただし、D、Eはオプションでの対応は可能です。

セット構成

セット構成
No. モデル名称 構成内容
1 エントリモデル

スタンドアローンPC 1台で製造履歴を見える化


  • 製造履歴管理システム「とれさび丸」ソフトウェア
  • PC:ディスクトップPC(OS:Windows 10 Pro)
  • データベース:Oracle 12c R2 Personal Edition
2 モデル10

最大10台までのクライアントで製造履歴を見える化


  • 製造履歴管理システム「とれさび丸」ソフトウェア
  • PC:サーバPC(OS:Windows Server2016 Standard Edition)
  • データベース:Oracle 12c R2 Standerd Edition
3 モデル20

最大20台までのクライアントで製造履歴を見える化


  • 製造履歴管理システム「とれさび丸」ソフトウェア
  • PC:サーバPC(OS:Windows Server2016 Standard Edition)
  • データベース:Oracle 12c R2 Standerd Edition

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

商標注記

  • Windows、Windows Server、.NET Framework、Internet Information Services、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Oracleは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • とれさび丸は、(株)日立ソリューションズ・テクノロジーの登録商標です。