ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・テクノロジー

自治体向け多言語音声翻訳クラウドサービス

自治体窓口における外国人居住者のご案内に特化した自治体向けの多言語音声翻訳クラウドサービスです。外国人居住者が快適で安心、ストレスのない毎日を過ごせるようお手伝いします。

日本人(日本語)と外国人(外国語)がスマホ(タブレット)端末を使って、会話しているイラスト

自治体向け多言語音声翻訳クラウドサービスの特長

多言語音声翻訳機能を標準装備

外国語対応などに不安がある場合でも、簡単に操作ができ、接客サービスのレベルが向上

  • 音声入力した内容を相手の言語に翻訳し、対話型の画面に文章と音声で分かりやすく表示します。
  • 発話内容を逐次翻訳することで文字(視覚)と音声(聴覚)による意思の疎通ができます。

対応言語

1台の端末で10言語に対応

  • 日本語⇔英語、中国語(北京語)、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語に対応しています。

タッチパネル操作によるご案内

タブレット画面をタッチしながらのスムーズなコミュニケーションの提供

業務の定型的な対話は定型文音声翻訳

自動機械翻訳任せの精度に対する不安と応答速度を改善、サービス品質の向上を実現

  • 自治体窓口でよく使用するフレーズを、端末ごとに登録、編集が可能です。
  • 登録したフレーズを選択することで、翻訳された文章と音声で伝えることが可能となります。

非定型な対話内容は自由文音声翻訳

ハイブリッド型の翻訳機能を提供

  • 定型文の音声翻訳にあてはまらない非定型的な対話内容は、自由文の音声翻訳により、補完することができます。

業務コンテンツ連携

  • 端末から、アプリの呼び出し、外部サイトへの誘導、内部コンテンツなどの情報開示もでき、サービス向上に繋げます。

電話通訳サービスへの接続

  • 複雑な内容のやりとりが必要な場合には、簡単な操作で通訳オペレーターを介した電話通訳サービスを呼び出すことができます。(別途契約が必要です。)

会話内容を業務改善に有効活用

ビッグデータとして住民対応の業務分析やサービス向上に活用可能

  • 利用時の発話内容を音声とテキストで保存することができます。

オプションサービス「見える化レポートサービス」の提供

  • クラウドサービスご利用のお客さまにオプションサービスとして「見える化レポートサービス」を提供しています。

見える化レポートサービスのサンプル画面

「見える化レポートサービス」出力例

「見える化レポート」から分かること

  • 利用場所別状況
  • 利用件数
  • 曜日別実績
  • 言語別発話内容
  • 月別利用実績
  • 翻訳結果(精度)

導入効果

自治体の窓口での業務改善を支援

業務対応型
多言語音声翻訳

業務対応型多言語音声翻訳

予め辞書に登録することで、専門用語を正しく翻訳することが可能。

職員さまの意見を
反映したコンテンツ

職員さまの意見を反映したコンテンツ

職員の方々からいただいた意見を元に必要な業務コンテンツの呼び出しが可能。在留外国人へのスムーズな案内を実現。

見える化
(統計・分析)

見える化(統計・分析)

会話内容(行先、時刻、言語、会話)から、在日外国人との会話内容を見える化し、業務を分析。

自治体向け多言語音声翻訳クラウドサービスの運用形態

オンプレミス、クラウドサーバでご使用いただける多言語音声翻訳ソリューションを用意しています。

クラウドサービス

自治体分野に特化した多言語音声翻訳サービスを低価格で提供

「Ruby Concierge」仕様(クラウドサービス)
   
対応言語 日本語⇔英語、日本語⇔中国語(北京語)、日本語⇔韓国語、日本語⇔タイ語、日本語⇔ベトナム語、日本語⇔インドネシア語、日本語⇔スペイン語、日本語⇔フランス語、日本語⇔ポルトガル語
対応端末 Android端末(Android 6.0以上)
iPad or iPad mini(iOS 10.0〜12.2)
通信条件 LTE(キャリア回線)or
Wi-Fi(構内インターネット接続のWi-Fi環境の使用が可能な場合)

「Ruby Concierge」は、Lumadaのユースケース・ソリューションです。
Lumada Usecase

商標注記

  • Androidは、米国Google LCC Limited.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • iOSは、Apple Inc.の登録商標または商標です。
  • 「Ruby Concierge」は、株式会社日立ソリューションズ・テクノロジーの登録商標です。