ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・テクノロジー

ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み

日立ソリューションズグループでは、グローバル市場における成長を加速すると共に、経営基盤を強化するため、「個性を価値につなげるダイバーシティ経営」を推進しています。

方針

スローガン

「違いを認め、高め合う。」

ステートメント

性別、国籍、年齢、ライフスタイルなど、さまざまな背景をもつ個人の考えや価値観は多様性に溢れています。
この人財の多様性は、組織の強みであり、財産です。日立ソリューションズ・テクノロジーで働く多様な人財が、最大限に能力を発揮でき、一人ひとりの異なる個性を認め合える組織をめざし、ダイバーシティ&インクルージョンを推進します。

主要な取り組み

方針に従い、日立ソリューションズ・テクノロジーは以下のような取り組み項目を設定し、継続的に活動を推進しています。

ダイバーシティ&インクルージョンへの主な取り組みを表した図

女性活躍推進法への取り組み

【数値目標@】

総合職において採用した労働者に占める女性労働者の割合を20%にする

  • 女性エンジニアの採用に向け、女子大への学校訪問等積極的な広報活動を実施
  • 受験者増に向けたオンライン説明会・試験などを利用した積極的な採用活動の実施

【数値目標A】

男性社員の育児目的休暇の取得率を100%にする
(育児目的休暇:配偶者出産休暇・育児休暇・年休(育児))
男性割合が高いため、男性の育児・仕事の両立に関する理解促進によって女性がより働きやすい職場にする

【その他】

  • 両立支援制度の利用実績向上
  • フレックスタイム制、在宅勤務等の柔軟な働き方に資する制度の利用実績向上